シーラントをしたら気を付ける部分

こんなメリットがある

シーラントの一番のメリットとして挙げられるのが、やはり虫歯の可能性が減っていくということです。
と言いますのも、奥歯の溝は汚れが溜まりやすくてそれが虫歯の原因になっています。
つまりそこを埋めればまず虫歯になることはなくなっていきます。

また、虫歯にならないということは虫歯の治療をしなくて済むというわけです。
虫歯の治療で最も怖がられているのが、あの歯を削るということです。
それをしなくてよくなりますし、虫歯の治療という恐怖を味わわなくてよくなります。

シーラントをするだけで、虫歯にならずそれに伴ういろんな怖さをこれから体験しなくていいのは、子どもさんの心身にストレスを与えなくていいという利点が出てきます。

逆のデメリットとは

その逆にあるデメリットとはなにがあるのでしょうか。

まずは、定期的に歯医者さんへ行かないといけないという手間が出てきます。
シーラントした歯が汚れていないか、もし汚れていたらケアをしないといけなくなります。
そしてその発見が遅れると、虫歯になることもあり得ます。
虫歯にならないためにシーラントをしたのに、そのせいで虫歯になるなんて本末転倒ですね。

また、まれにあることですがシーラントが取れてしまうこともあります。
実は固めているだけなので結構取れやすいものなのです。
そうなったらまず歯医者さんへ駆け込みましょう。

このように、便利なシーラントにもそれなりのデメリットが存在しているので、もう大丈夫だとあぐらをかかずにやるべきことはきちんとして少しでも寿命を延ばすように心がけていくようにしましょう。