シーラントという治療とはなにか

シーラントの正体

そもそもシーラントとはどういうものなのでしょうか。

シーラントを簡単に言いますと、虫歯の予防治療というものです。
ちなみに保険適用されますので、金銭面はご安心ください。

さらにシーラントを詳しく説明させていただきます。
歯の奥歯の溝が汚れないように、プラスチック樹脂を埋めていくのが実際の治療方法です。
なぜかと言いますと、奥歯は歯磨きできれいになかなか磨けないというケースが多く、結果虫歯になりやすいからです。
ですが、シーラントをしているとまずその心配はありません。

中には大人になってからと思われている方もいらっしゃるでしょうが、まだ固くない生えて間もない歯でないと意味がないので、出来れば小さいころに行っておきましょう。

どんな治療方法か

そんなシーラントの治療方法の手順を見ていきましょう。

まずは歯の掃除をして、歯全体の汚れを丁寧に取っていきます。
事前に歯磨きをしていてもそれはしていきます。
なぜかと言うと、もし汚れが残ったまま治療をしていったら逆に虫歯になってしまうからです。

それが終わったら、シーラント剤をなじませて、酸処理の薬品を付けて洗い流します。
そしてまたシーラント剤を流し込んで光を当てて固めたらそれで終了です。

もちろんそれが終わったら普通の生活を送ってくれて構いませんし、歯磨きも大丈夫です。
ただ、治療をして数日は取れないように気を付けながら生活していかないといけないので、その辺りをきちんと頭に入れておくことをお忘れなく。